読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LinuxでCPUのクロック周波数を確認する

クロック周波数の仕様値を確認する

クロック周波数の仕様値を確認するには、/proc/cpuinfoのcpu MHzを確認する。コアごとの情報を確認できる。2コアの場合は以下のように表示される。

$ cat /proc/cpuinfo | grep "cpu MHz"
cpu MHz         : 3407.999
cpu MHz         : 3407.999

ただし、実際にはCPUがcpuinfoどおりのクロック周波数で動作しているとは限らない。例えば、省電力機能が有効ならクロック周波数は仕様値よりも下がっていることがほとんどだ。

実際のクロック周波数を確認する

実際のクロック周波数を確認するには、sar -mコマンドを使う。sysstatパッケージのバージョンによってシンタックスが異なるので注意する必要がある。1秒単位で瞬間的なクロック周波数を(無限に)出力するコマンドを以下に示す。今回は、時刻の形式をHH:MM:SSにするために、頭にLANG=Cをつけてsarを実行している。

$ LANG=C sar -m 1
Linux 2.6.32-642.1.1.el6.x86_64 (localhost.localdomain)         11/06/16        _x86_64_        (2 CPU)

23:50:20        CPU       MHz
23:50:21        all   3407.99
23:50:22        all   3407.99
23:50:23        all   3407.99
^C
$ LANG=C sar -m CPU 1
Linux 3.10.0-327.el7.x86_64 (localhost.localdomain)     05/25/16        _x86_64_        (1 CPU)

09:19:03        CPU       MHz
09:19:04        all   3407.99
09:19:05        all   3407.99
09:19:06        all   3407.99
^C

09:19:06        all   3407.99
Average:        all   3407.99

[Ctrl]+[C]で止めたときに平均値が出力される/されないの違いがある。