Office 365 全体管理者の多要素認証

全体管理者には Office 365 のライセンスが必要

Microsoft は Office 365 と Azure の管理者に、無償で基本的な 2 段階認証の機能を提供しています。

Azure MFA のバージョンと従量制の料金プラン | Microsoft Docs

と書かれてあるので、Office 365 全体管理者の多要素認証は無償で使えるものだと思っていた。しかし、よくよく調べると、それは「全体管理者に Office 365 のライセンスが割り当てられている場合のみ」であることが分かった。全体管理者はテナントの管理目的でしか使わないので Office 365 のライセンスを割り当てないという場合もあると思うが、その状態では全体管理者に多要素認証を適用できない。仮にシステム上できたとしても、ライセンス違反となる。

確かに、同じページの「Office 365 の多要素認証」をよく読んでみると、

このバージョンは、Office 365 アプリケーション専用に動作し、Office 365 ポータルから管理されます。 管理者は 2 段階認証を使用して Office 365 リソースを保護することができます。 このバージョンは、Office 365 サブスクリプションの一部です。

Azure MFA のバージョンと従量制の料金プラン | Microsoft Docs

と書かれている。「サブスクリプションの一部です」という表現がわかりにくいが、要は全体管理者のユーザーアカウントにライセンスが割り当てられていないとダメということだ。

ライセンスの解釈については Cloud Direct に訊くとよい。
www.microsoft.com